活動報告

棚田のロケーションを利用して、様々なイベントを開催してまいります。
こちらでは過去の開催事例や、四季折々の棚田の様子を定期的に発信してまいります。

第二回「元気酵素風呂見学」

第二回「元気酵素風呂見学」

第二回「元気酵素風呂見学」

日程:9月8日(日)

時間14:00~15:30

 

半年に一回行われる米糠酵素風呂の発酵糠の総入れ替え作業の見学

 

9月8日、前回上籾にお越しいただいた藤田弘道氏が代表を務める「元気酵素風呂」に伺い、米糠酵素風呂の発酵糠の総入れ替え作業の見学をさせていただきました。

 

◎元気酵素風呂の糠床◎

・脱脂ヌカでは無い100%の米糠。

・上記の米糠と、家庭で出る生ごみ等を入れ、“肥料名人”で分解させたもの。

 

 

 

・秘伝の酵素液を混ぜて作ります。

 

 

◎米糠酵素風呂の作用◎

・人間の汚れや汗等の雑菌は微生物によって分解される。

・微生物が作る多数の酵素により細胞が活性化される。

・酵素熱により体の芯まで温まることで、免疫力が上がる。

等があり、体の自然治癒力を高め、健康的な体を作ることが出来るとされています。

 

 

入れ替え後の米糠の肥料としての活用

 

 

第一回のレポートに記載しました通り、入れ替え時に出た発行糠は“肥料”として使用することが出来ます。

 

元気酵素風呂では、お客様やお知り合いがボランティアとして入れ替えを手伝い、その方たちに農業や家庭菜園用の肥料としてお配りしているそうです。(注4)

 

発行糠のほとんどは無機物となっているが、底の部分は少し有機物が残っており、それが微生物の餌となります。

 

木くず等より分解が早く、肥料としての有用性が高いことが分かっています。

 

発酵過程で微生物が発生させるビタミン、ミネラル、アミノ酸により旨味のある農作物が育ちます。

 

入れ替え時に発生する発行糠を、有効な肥料として活用するのは、まさに持続可能な農業の可能性である為、今後上籾棚田での活用を進めていく予定です。