• 上籾プロジェクトとは

日本の棚田百選「上籾棚田」を蘇らせる

岡山県久米南町上籾地区は、開村1300年以上、農村文化が色濃い「日本の棚田百選」に認定された棚田が有名な典型的な中山間地域(里山)です。
上籾地区の棚田面積は22haあり「耕して天に至る」景観は荘厳で、地域の最高峰にため池があり周辺の山とよく調和し、黄金の稲穂が風になびく様子は、「黄金の滝」と讃えられていました。

この地区の棚田と周辺の四季折々の景観を楽しむために、県内外から久米南町を訪れる「棚田ファン」も多くいたのですが、全国的に見ても高齢化率が急速に進んでいるこの地域は、平均年齢が76歳という状況で、今のままでは限界集落から消滅集落の一途をたどっています。

このような状況を打破するために、地区住民と株式会社パソナグループが中心となり、平成30年4月、11,000㎡の耕作放棄地を復元し、美しい棚田を蘇らせました。復元してできた米は「上籾棚田復元・お祝い米」として販売しています。

また、復元した棚田のあぜ道の幅を1mほど確保し、棚田の中で「瞑想・ヨガ」できるスペースをつくり平成30年からは「TANADA-YOGA」を、開催しています。

「上籾棚田」が黄金の滝の姿を蘇らせ、上籾地区が、豊かな農村のイノベーションとして再起をめざすプロジェクトです。

株式会社パソナグループ
岡山プロジェクト

面積 22ha / 平均勾配 1/7 / 棚田の枚数約 1,000枚 (昭和20年当時) /
水源 ため池 / 法面の構造 土羽、石積 / 開発(開墾)起源 近代(明治~昭和20年)

内容と今後の取り組み

日本の棚田百選「上籾棚田」復元事業
岡山県久米南町「上籾棚田」の紹介と現状
無農薬の棚田の農業のチャレンジ
本年度から候補地の選定を行い、2020年から取り組みを始めます。
米糠酵素肥料を使った有機農法の可能性
倉敷にある本家「元気酵素風呂」の米糠酵素を使った有機農法に取り組みます

上籾棚田百選再生事業進捗状況

1.再生前後の棚田の様子

  • Before
  • After
ビューポイントからの景色(耕作放棄地が目立つ)
復元した上籾棚田の全景

2.田植えの様子

H30.05.30 イノベーションチームの田植え